猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

こちらの記事に、どうしてXPERIA Z SO-02Eにはスタミナモードがないか、その理由が書かれています。そこに、こういう文章があります。

ここから引用

一方、SHARPのスマートフォンに搭載されている「エコ技」が、一部のAndroid開発者に不評であったのと同じく、海外の一部でも「スタミナモード」の挙動に疑問を呈す声もあります。その機能をユーザーがオンにすると、何が起きるのか?どのようにすれば問題がないのか?キャリア、ユーザー、開発者に不利益がないよう明示されていると、よりよい機能として受け入れられるのではないかと思います。

引用ここまで

僕は、「いまどこ?」が期待通りに動かない理由の1つがこういう「身勝手な節電モード」だと考えています。前記の文章の問題は、大多数の一般ユーザーには難しすぎて理解できない点を考慮していないことです。説明すれば分かる?その説明を読んでもらえますかね。理解してもらえますかね。スタミナモードをオンにした時、どのアプリを除外すればいいのかなんて、誰かに教えてもらわない限り分からないでしょう。そのため、スタミナモードをオンにする。除外設定なんて知らない。何それ、分からない。期待通りに動かないアプリ続出。結果、非難(低評価)の矛先はそのアプリ(の開発者)に向かいます。違いますかね。

僕は、こういう身勝手な機能の追加をGoogleが認めないのが一番だと思いますが、前向きに考えるなら、Android OSが標準でこういう機能を用意し、アプリ自体が除外を主張できる(除外対象リストをユーザーに管理させるなんて無理)ようにしてはどうでしょうか。

 












管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://nekonotesoft.net/tb.php/41-2e22622f