猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

 技術が進歩して便利な道具が増えても、それを使う人も皆一様に進化・適用できるわけではありません。たとえば俗にリテラシーと言われる日本語の能力は、便利な道具を手にしても簡単には向上しません。日本語の能力とは、読み・書き・聞く・話す、です。これが基礎となってコミュニケーション能力につながります。リテラシーが十分ない状態だと便利な道具も正しく活用できず、残念な結果になることもあるでしょう。

そのことを踏まえて、アプリで表示する説明やメッセージはできるだけわかりやすく明解なものになるよう努めたいと思います。また、問い合わせなどへの対応にも気をつけたいと思います。


2016.03.03 (木) 23:20 | いまどこ? | トラックバック:(-) | コメント:(0) |












管理者にだけ表示