猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

僕が昔新品で購入したXperia arc、テスト用端末にしていましたが最近いまどこ?をインストールできなくなってしまいました。どうやっても容量不足でエラーになるのです。どんなに空き容量を作ってもです。それで端末を初期化したらGoogle Playアプリが実行できなくなりました。もうダメみたいです。Xperia arcはできのいい端末ではなかったし(初代Xperiaの方がいいと思いました、たまたまですがそっちも持っています)Googleもそんなに古い端末のことまで気にしないと思うのでこうなっても仕方ないでしょう。

でも、僕は本当に良いソフトとは何年経ってもそのまま使える、使い続けられるものだと思っています。僕はWindows用の画面キャプチャーソフトでお気に入りのものがあるのですが、1996年製です。ずっと使い続けています。
2016.01.29 (金) 23:18 | いまどこ? | トラックバック:(-) | コメント:(0) |
LINE HEREはいまどこ?と同じような目的を果たせるアプリだと思いますが、LINE HEREでいい場合はいまどこ?の出番ではないのでどうぞそちらをお使い下さい。異なるアプリなので同じ土俵で比べることはできませんが、測位精度がいまどこ?よりも良いということはおそらくないと思います。いまどこ?は、本当にいまどこ?を必要とされている方に使って頂ければ満足です。
2016.01.22 (金) 00:31 | いまどこ? | トラックバック:(-) | コメント:(0) |
テスト用端末であるnexus 5xは常時いまどこ?の自動測位を有効にしたままカバンに入れっぱなしにしています。充電する時、たまにいじる時以外はカバンから出しません。この使い方で測位ができない病気になったことはまだありません。これまで使ってきた端末はどれでも、たまに再起動しない限り測位できなくなる病気を発症しています。今のところ、nexus 5xでは起きていません。

nexus 5xに入れているSIMはDMMモバイルのデータ専用で、1GBのプランです。全く問題ありません。いまどこ?を見守り用途で使う場合、守られる側の人が端末をあまり利用しない(=データプランが小容量で良い)場合は、1GBでもいいと思います。
2016.01.10 (日) 21:19 | いまどこ? | トラックバック:(-) | コメント:(0) |
Googleのプッシュ通知サービスはGCMという名前です。これは本来、Android OSとは独立したサービスでしたが、マシュマロからはOSの重要な仕様と強く結び付いたものに変わりました。この変更は多くのアプリ開発者が強引だと感じていることでしょう。それは別にしても、Googleのプッシュ通知サービスには大きな課題があります。信頼性です。プッシュ通知が必ず届くわけではないのですが、その理由の1つにネットワークの問題があります。これはもう5年以上前から言われ続けて来たことですが、特にWiFi使用環境においてプッシュ通知が届かない、あるいは時々届かなくなる問題があります。Googleはこの問題に積極的に取り組んできたとは思えません。もし積極的に取り組んできたなら、ずっと前にWiFi機器やプロバイダーやネットワークに関わるものについては次の表示が広まっていたと思うのです。「Googleのプッシュ通知サービスに対応しています」とか「Googleのプッシュ通知サービス互換性テスト認証済み」とか。

この問題、Googleがハードウエアメーカーと協力すれば解決できないとは思えないのです。そして、Googleは、その気になればそれができると思うのです。
2016.01.03 (日) 00:14 | いまどこ? | トラックバック:(-) | コメント:(0) |