猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

YouTubeは動画にコメントを付けられないように設定できると思います。もし、Google Playでアプリへのコメントを付けられないようにできるなら、僕はそうしたいです。なぜなら、

  • ネガティブなコメントの方が多い。

  • そのコメントに開発者(僕)が応答を書いても、ほとんど機能しているようには思えない。

  • サポートはメールでできる。(コメントシステムはサポートとしては役に立たない。)メールを出せないのなら、サポートは無理。


「いまどこ?」にはいろんなところに問題を解決するための仕組みやヒントをばらまいているのですが、それが全く通じない方がいるようなので困っています。そういう場合にコメントシステムでクレームだけを書き込まれても・・・僕はため息が出ます。一応、多くの場合、その方というよりもコメントを目にする他の人のために(本当は自分のアプリを擁護したくてですが)応答コメントを書きますけどね。

なので、たまにちゃんと使えばちゃんと動くという主旨のコメントをもらえると泣くほど喜びます。

 
僕はちょっと古いけど大切にしているAndroid端末が、どうやっても測位できない病気にかかった経験があります。通常は再起動すれば直るのですが、その病気には再起動は通用しません。本当に何をしてもダメなのです。何度試してもどうやってもダメで、頭に来て数日放置していたら(電源を入れたままです)直りました。どうして直ったかも分かりません。

最近、修理で端末を交換された方から、これまで使えていたのに測位できなくなったと連絡を受けました。その端末、どうやっても測位できないダメダメ状態でした。最後には、数日待って直るかどうか見るしかないですね、とまあさじを投げた感じだったのですが、放置していたら直ったと知らせてくれました。どうしてこういうことが起こるのでしょうか。Androidはまだまだなのでしょうか。困ったものです。頑張るべきはGoogleなのか端末メーカーかは分かりませんが、しっかりして欲しいです。

 
僕はある駅のホームで電車を待つ時に良く「いまどこ?」の動作確認の意味である端末の位置を照会しますが、何故かその駅のホームだとネットワークへのアクセスができなくなる病気(現象、問題)が良く起きます。他の場所ではめったに経験しないのですが、その駅のホームだと良くあります。まず、「いまどこ?」の位置情報の照会要求の送信に失敗します。再度やってもダメです。その場合、Webブラウザも動きません。どこのサイトも見れません。これを直す、分かっている方法は、一度機内モードにして10秒ぐらい待ち、再度機内モードをオフにすることです。「いまどこ?」の位置情報の照会要求の送信もすぐに終わりますし、Webブラウザもサクっと動きます。何が悪いのかはさっぱり分かりませんが、Androidもいろいろ問題を抱えていることだけは確かです。そんな状態でこんなに普及してしまっていいのか、困る人が続出するのじゃないのか、と僕は心配してしまいます。

 
先日、端末の設定でネットワークによる測位をオンにしているのに、「いまどこ?」ではオフだと見なされる現象について報告を受けました。その方は画面のキャプチャーを送ってくれたので、問題が確かに存在することが分かりました。その後、それを対策しようと数日間更新版を公開したのですが、最終的にはアプリでは対策できない問題だと分かりました。その過程で、シャープのモバイル開発者向けフォーラムでこの問題について質問したのですが、迅速かつ丁寧に詳細な回答を頂けました。このフォーラムでは以前から何回か質問をし、いつも詳細な回答をもらえていますが、今回も期待以上の内容でした。

アプリ開発をしていると様々な問題に遭遇します。明らかにGoogleの責任だと思われる問題もあり、Googleに直接バグの指摘をできるところに書き込みをすることもあります。が、その対応はシャープのモバイル開発者向けフォーラムのそれとはずいぶん違います。僕から見るとGoogleは怠慢です。Google I/Oの華やかさとは裏腹に、既存の問題に対する取り組み姿勢は褒められたものではありません。上記の問題はこのケースに当てはまりませんが、「いまどこ?」で再起動しないと問題が解消しないものはおおむね、Googleが対処すべきことだと思っています。そういう不満を持っている開発者はそれなりにいると思うのですが、ネット上にあふれている大半の意見は新機能への賛美ですね。