猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

戻ってくるはずの位置情報が戻ってこない時に、相手が電源を切っているのかな、たまにある問題で戻ってくるのが遅いだけなのかな、あるいは別の悪いことが起きているのかなといろいろ心配になりますね。Googleのプッシュ通知サービスの残念なところの1つは、相手の端末に通知が届いたことを確認できない点です。電源が切れているとか、電波の届かないところにいるとかいう理由で通知が届かなくてもそれを教えてくれないのです。

で、やむなくこれまで避けてきたSMSを使って相手の端末の状態を確認できる機能を追加しました。これで、位置情報が戻ってこない時に相手の端末の状態を(完全にではないですが)おおよそ知ることができます。

 
「いまどこ?」の試用版の評価数はながらく65でしたが、今日は68でした。そして2つ、コメントが追加されていたのですが、2つともフランスのユーザーで、★1個でした。Googleの自動翻訳がひどくてコメントの内容が理解できません。★1個ですから文句しか書いていないことは容易に想像できますが、開発者としては理由を知りたいところです。が、フランス語だと手が出ません。(英語だと楽勝なんですけどね。)

そのコメントはこんなのです。(Googleの自動翻訳です。)

仕事と友人が私を見つけるためにしようとしたときに加えて、私は無線LANをオフにしていないアプリケーションコンテナ。ケーキの上のアイシング:友人も、私の位置を取得できませんでした。いいえアプリケーション!あなたが悪い結果のために支払う場合は特に。

もう1つはもっと分かりません。

見つけパッド半分コンタクトを行います。ノー

英語のコメントの場合も自動翻訳はひどくて理解できず、元のコメントを英語で読んでなるほどと分かるぐらいですから、フランス語では良い結果は望めないですね。

 
「いまどこ?」を公開してから2年が経ちました。やっと2年か、ここまで長かったなあと思います。この2年間に60回近く更新してきました。でもまだやることがあるので継続して改良して行きます。

 
Google Playのコメントに、今日から開発者全員が返答可能になったそうです。これで炎上するところも出てくるでしょうね。僕はこの機能は有益だと思っていますが、実際の効果はたいしてないように感じます。開発者によっては今より悪くなるかも知れません。

 
こちらの記事に、どうしてXPERIA Z SO-02Eにはスタミナモードがないか、その理由が書かれています。そこに、こういう文章があります。

ここから引用

一方、SHARPのスマートフォンに搭載されている「エコ技」が、一部のAndroid開発者に不評であったのと同じく、海外の一部でも「スタミナモード」の挙動に疑問を呈す声もあります。その機能をユーザーがオンにすると、何が起きるのか?どのようにすれば問題がないのか?キャリア、ユーザー、開発者に不利益がないよう明示されていると、よりよい機能として受け入れられるのではないかと思います。

引用ここまで

僕は、「いまどこ?」が期待通りに動かない理由の1つがこういう「身勝手な節電モード」だと考えています。前記の文章の問題は、大多数の一般ユーザーには難しすぎて理解できない点を考慮していないことです。説明すれば分かる?その説明を読んでもらえますかね。理解してもらえますかね。スタミナモードをオンにした時、どのアプリを除外すればいいのかなんて、誰かに教えてもらわない限り分からないでしょう。そのため、スタミナモードをオンにする。除外設定なんて知らない。何それ、分からない。期待通りに動かないアプリ続出。結果、非難(低評価)の矛先はそのアプリ(の開発者)に向かいます。違いますかね。

僕は、こういう身勝手な機能の追加をGoogleが認めないのが一番だと思いますが、前向きに考えるなら、Android OSが標準でこういう機能を用意し、アプリ自体が除外を主張できる(除外対象リストをユーザーに管理させるなんて無理)ようにしてはどうでしょうか。

 
「いまどこ?」に追加中の新機能のテストのために、もう1枚自由にできるSIMが欲しくて、でも経費を抑えたくてb-mobileのスマホ電話SIMを購入しました。一番低価格のプランです。

  • スマホ電話プランS月額定額980


月額2270円です。感想です。

  • 「いまどこ?」は地図の表示がずいぶん遅いですが、それを除けば不満はありません。

  • 使いたかったSMSは普通に使えました。

  • アプリのダウンロードなどはずいぶん待たされるのでWiFiにつながるところでやった方がいいですね。

  • ドコモのSIMだけどspモードはないので、ドコモの基地局による測位は使えませんでした。(これは当然。)


3ヶ月過ぎると解約自由なのもいいです。

 
時々誤解されるのですが、「いまどこ?」は月額課金をしたことは一度もありません。公開当初から売り切りです。たまに、「使わなくなったので契約を解除したい」とか、「動かないので解約方法か、動くようにする方法を教えて下さい」という内容のメールをもらいます。が、そもそも売り切りなので「契約解除」なんてないです。きっとどこかのキャリアの月額300円とかするサービスと混同しているのでしょう。

もし、「いまどこ?」が月額100円でもいいから毎月課金で成立するならいいなあと思いますが、それはきっと違いますね。