猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

時々、「いまどこ?」について質問のメールをもらいます。通常24時間以内に返信することを心がけていますが、返信時に困ることがあります。Gmailを受信拒否している人がいるのです。正しくはGmailじゃなくてキャリアメールではないインターネットのメールだと思いますが、それを受信拒否されるとキャリアメールで送るしかありません。(僕の場合はドコモなのでspモードメール。)これがめんどくさいのです。僕のGmailに届いたメールへの返信を、spモードメールでしなきゃならないのです。何とかならないものですかね。

無理を承知で愚痴ると、キャリアメール以外を受信拒否するなら、キャリアメール以外に送信できないようにして欲しいです。あるいは、スマートフォンなのにそんな設定をまだ持っているなんておかしいので廃止して欲しいです。

 
僕の子供は今日友達と映画(名探偵コナンの最新作)を観に行きました。9:30頃にどこにいるのか照会したのですが、すぐには戻ってきませんでした。良くあるパターンは「バッテリーがなくなっていた」ですが、今日は時間的にまだそうではなく、おそらく映画館の中なので電源を切っているのだろうと思いました。もう1回照会してみたい気がしましたが、我慢してそのままにしておきました。そして、忘れた頃に11:16の位置が戻ってきました。その後、14:30頃に再度照会した時はすぐに戻ってきて、自宅の近くにいることが分かりました。(その映画館は数駅離れたところにあります。)

帰宅した子供に聞いたところ、映画館の中ではそういうアナウンスがあったので電源を切っていたそうです。想像通りでした。

 
時々、励まされるコメントももらえます。アプリの完成度は一朝一夕に高くできるものではなく(でも簡単に低くできますが)長い時間をかけて今の状態があります。これには、ACRAというクラッシュレポートに大いに救われていますね。ACRAなしでは個々の端末で起きている問題を知ることは不可能ですからね。

いまどこ?の使い方が難しい、説明はていねいでも伝わらない、ええその通りだと思います。これについても改善していかねばならないですね。これまでもいろいろ工夫してきたのですが、まだまだ足りてないですね。
今日Google Playに書き込まれた★1個のコメントにはびっくりしました。★1個だと何か返答を書きたくなるものですが、今回のにはその必要はないと思いました。

でも、平均値がまた下がるのと、★1個のバーが長くなるのはうれしくないです。

 
こちらに僕の悩みに通じる記事がありました。一部抜粋します。

ここから

一般的に、日本のApp StoreやGoogle Playのレビューは荒れがちだ言われる。ネガティブな意見には時に、誹謗中傷や事実無根の内容が含まれることもある。「ひどいレビューを見ると落ち込ん でモチベーションが下がってしまうので、あまり見ないようにしている」という個人開発者も。レビューで酷評や中傷に耐えられず、アプリ開発を辞めた開発者もいる。

ここまで

僕はレビューは必ず見てひどいレビューだと落ち込んでます。最近は反論する道具を手に入れたのできっちり反論していますけど。(その反論・・・いえ、こういうのを試してもらえませんかっていう助言のような、は今のところ届いた気配はないです。)

 
Google Playのコメントシステムでは最近まで「何もできない」状態でしたが、先日、反論する機能をもらえました。反論すると本人にメールが行き、コメントの下に反論が表示されるそうです。コメントの下に表示される反論(本当は反論でなくてもいいのですが)は誰もが見ることができます。可能性としては、反論してもそれが(メールで通知されたとしても)コメントした人に本当の意味で届くかと言ったらそうでないことの方が多いような気がします。どうして?すでにいろんなところに問題解決へのきっかけになることを埋め込んであるのに、いきなりGoogle Playのコメントに★1個でコメントするということは・・・と思うからです。でも、コメントの下に表示される、僕の反論はGoogle Playでいまどこ?のコメントを読む人全員の目に触れます。★1個の評価を打ち消すことはできませんが、少なくとも僕には貴重な反論の機会であり、その他大勢の方へのメッセージです。