猫の手も借りたい

ソフトウエア開発者の多忙な生活

すっごい大変でとても自分向きではないと思っていた、アプリの操作画面の動画公開ですが、昨日簡単にできたことに気をよくして、初期設定編も作りました。手間はかかりましたが、十分役に立つと期待しています。アプリ紹介編はGoolge Playのプロモーション動画でリンクしていますが、初期設定編は「いまどこ?」の使い方からリンクしようと思っています。

 
動画を編集してYouTubeにアップロードするのはこれが人生初なのですが、「いまどこ?」のデモ動画を作成して公開しました。じきにGoogle Playの「いまどこ?」の詳細画面からの再生できるようになるはずです。(そのはずです。)

この動画、Windowsのムービーメーカーで編集しました。音声を楽曲に差し替えるのだけはYouTubeの編集機能を使いました。動画の編集(特にテロップの入力)に関しては、YouTubeが提供する機能では足りませんでした。ムービーメーカーはびっくりするほど使いやすかったです。

これなら難しいと言われることがある使用開始時の設定の様子を説明する動画も作ろうかって気になります。

 
このブログをホストしているレンタルサーバーの引っ越しを契機に、いくつか見直しをしました。

  • このブログを携帯端末から読みやすくするWordPressのプラグインを入れました。

  • 「いまどこ?」の説明書をAndroid端末から閲覧しやすくしました。


 
レンタルサーバーを引っ越しました。

お名前.comの共用サーバーSDを使ってもうじき2年になりますが、運用にかかる固定費を下げたくて、さくらインターネットのスタンダードプランに引っ越しました。WordPressの引っ越しに苦労しましたが、何とかできたと思います。(年額で1/3以下になりました。)

 
GoogleがC2DMをやめることにし、代わりにGCMを開始したのが今年の夏でした。「いまどこ?」は時機を視てGCMに切り替える予定でいましたが、今日、実施しました。一応、計画通りにできたと思います。C2DM利用者はそのままC2DMを使い、V2.00.0以降の利用者はGCMを使い、相互に通信できるようにするのがちょっと課題でした。現状、この切り替えはうまくできているようです。

GoogleがC2DMのサービスをいつまで続けるのかは不明です。2013年中はやっているように思いますが、それより先のことは分かりません。遠くないうちに、みなさんがV2.00.0以降に更新して欲しいと思っています。

 
アプリのバージョン番号の付け方は開発者の好き勝手でルールなどありませんが、「いまどこ?」はこれまで次のルールで運用してきました。

  • 通常の更新では0.01上げます。

  • ちょっとしたことでリリースし直すことがありますが、その場合は0.00.1上げます。


このルールでV0.90.0からV1.34.0まで積み上げてきました。でも、明日、V2.00.0に上げる予定でいます。「飛び級」するのは初めてです。そうしたいぐらい大きな節目のリリースです。

結構ドキドキですが、Goolgeのプッシュ通知サービスをC2DMからGCMに変更します。Googleの有料サービスで使っているAppEngineサーバー上のアプリの変更が大きいのですが、C2DMとGCM間の相互通信を含めて、今まで通りに動かなければなりません。しばらく前からこのGCMへの移行準備を進めて来ました。試験用サーバーでのテスト結果も踏まえ、機が熟したと判断しました。

 
Google+のプロフィール問題で戦っている方には申し訳ないですが、僕は(戦いに疲れて)DailyTimerのTomcatをプロフィールにするのをあきらめました。迷いはあったのですが、Reiko Katoにしたらあっさり通りました。ニックネームはDailyTimerにしましたが、これがどう使われるのかは分かっていません。結論を急いだのは、YouTubeにアップロードしたいと思っているものがあるのですが、僕の場合はGoogle+のプロフィールが使われてしまうので、停止状態とかにはしたくなかったのです。アップロードしたいのは「いまどこ?」の説明用動画で、冬休みに撮影してYouTube提供の編集機能で説明文章を入れたいと思っています。

ところで、Google PlayでコメントするのにGoogle+のアカウントが必要になって以来、コメントは追加されていないですね。代わりにメールでの質問が増えたような気がしないでもないですが、これは誤差の範囲内なので実際のところは分かりません。また、メールが一方通行であることが多いのは(僕が一度返信して終わり、その後が続かない)変わらないですね。

 
僕は毎日「いまどこ?」で測位しています。これが初めてではありませんが、愛用のGalaxy S2 ICSで、今日、どうしてもネットワークで測位できなくなってしまいました。(開発者用の仕組みでログも確認しました。onLocationChangedが呼ばれませんでした。)で、端末を再起動したらあっさり測位できました。これがAndroid端末の現実です。Googleも端末メーカーも、基本的なところでもっとやるべきことがある、と僕は思います。

 
Google+のプロフィールが規約に違反しているって件ですが、アクションを取れるリンクが2つあり、1つは申し立て、もう1つは送信です。どちらも同じような動きしかしないのですが、1回だけ、自分のプロフィールについて抗弁するURLを遅れるページに行けました。1回だけです。その後、自動送信メールで拒絶されて以降、まだどうどうめぐりのような状態。停止→審査保留中→リンクが2つある表示→クリックしてもどこにも行かずにまた審査中。これって壊れてませんか?仕組みとして破綻している気がしますけど。

お願いですから、人の手で申し立て内容を評価して下さい。たとえば、この実績は、DailyTimerのTomcatを名乗るのに不足でしょうか?

 
「いまどこ?」のV1.33.0を日曜日に公開しました。しばらく取り組んできた、測位方法を改善したものです。いつも新しいバージョンを公開した後はクラッシュレポートに普段よりも気を付けていますが、日曜日は新しい問題はありませんでした。ところが今日になって、複数の端末でこれまでに見たことのない例外が起きていました。調べるとOSのバグのようですが、どうして突然出始めたのかは謎です。同じことはずっと前からやっていました。クラッシュレポートによると結構発生確率が高そううなので、あわてて対策版を今夜公開しました。自分でやりそくってあわてて対策版を公開、というのは何度かあるのですが、OSのバグを踏んでしまって、というのは初めてです。それに今回も端末6台でチェックして問題なかったので大丈夫だと思ったのですが、前述のバグはOS3.1あたりからのものらしいです。でも僕のOS4.0.3の端末では起きてませんでした。

片手か両手ぐらいの人がこの問題に遭遇しているのですが、その方には申し訳なく思いますし、また、ひどく心象を悪くしてしまっただろうと思うと悲しいです。機種依存の問題は本当に困ります。