いまどこ?は開発当初からACRAというクラッシュレポート用ライブラリを使ってきました。もうずいぶん前のことですが、クラッシュレポートの保存先として無料で使えていたGoogle Docsが非推奨になり、アプリ開発者は自分で代わりになる保存先を用意する必要が生じていました。それがちょっと厄介なので僕は非推奨ながらGoogle Docsを使っていました。でもACRAの最新版はもうそのGoogle Docsには対応していないため、重い腰を上げて何か保存先を探すことにしました。

ところが運良く、お手軽に使えるACRA専用の保存先サービスが始まっていました。tracepotと言います。今は無料ですが、近いうちに有料になるのは確実です。僕としてはリーゾナブルな費用ですむことを願っています。使いやすさは抜群です。