クラッシュレポート機能は、Googleのサーバー(Google document)にレポートを送信しますが、その仕様が変更になったそうです。そのため、クラッシュレポート(ACRA)のライブラリーが更新されました。これに伴い、カレアラを更新しました。1.04.0です。