2013年03月

カレアラを更新しました

カレアラは意図的に設定できる選択肢を少なくしたのですが、時々もっと短く、あるいは長く◯◯◯を設定したいと言われてきました。ほとんどの人にとって十分な選択肢があるなら、そういう極端な設定は追加しない方がいいと僕は思っているのですが、カレアラは一般人向きとは言えない(そんなに需要がない)ことが分かったので(分かったのはもうかなり前ですが)それならごく一部の人の要望に応えてもいいかな、と考えを変えました。

多くのことについて言えますが、最初に決めたこと(考え方、ポリシー、コンセプト)を貫き通すのは難しいですね。

このレビューに返信

昨日あたりに気付いたのですが、僕の大嫌いなGoogle Playのコメントに返信できる機能が、開発者向けコンソールに出現していました。これがあの一部の開発者だけに公開されていた機能か、徐々に対象者を広げるとは聞いていましたが、ついに僕のような開発者のところにも回って来ました。

で、ちょうど今日、★1個のコメントがあったので返信してみました。これまで何もできなかったのが、少なくともひと言(350文字までみたいですが)コメントを返せる(本人にメールが送られるのと、コメントの下に追加される)みたいです。(更新に時間がかかっていましたが、さきほど確認しました。これはいいです。)

 

日本語で使っているのに説明書が英語になる

この問題について日本アンドロイドの会で質問した記録がこちらにあります。原因が分かったので対策版を公開し、問題を報告された方から直ったと連絡をもらいました。

教訓です。

  • Androidでは端末依存でびっくりするような問題に遭遇します。

  • クラッシュレポートにも出てこない問題の場合、ユーザーから知らせてもらえない限り問題の存在にすら気付きません。

  • 起きている問題を知らせてもらえる環境作りが大切です。(とは言ってもこれをすればできる、という解はありません。)


今回分かった問題がどれぐらいの端末で起きていたのかは不明です。

 

ネットワークによる測位は不正確です

Google Playのコメントで、

「復活! 以前のように、正確に測定出来るようになったのでグッドです。」

という評価をもらったのですが、測位方法は昨年12月9日以来変更していません。なので、以前の状態に戻ったのは「いまどこ?」の更新によるものではないと思います。おそらく、また悪い状態になってもおかしくないです。そうなる理由は端末か、WiFiによる測位用データベースによるものか、なんとも言えません。

ネットワークによる測位は実際よりも高く評価されているため、問題があるとアプリが悪いと疑われやすく、GPSは端末設定でオンにするだけでバッテリーを消費するとこれまた間違った情報を端末メーカーやキャリアが触れ回るので設定をオフにする人がおり、何とも残念な状況です。バッテリーの消費を抑えるためにGPSをオフにしましょうというのは完全に間違っています。正しくは、無駄にGPSを使う迷惑なアプリをアンインストールしましょう、です。

 

位置が全然違うことがある

Google Playのコメントシステムで★3個での書き込みです。

「位置が違う… 返ってくる位置が全然違う場所のことがあります。」

WiFiで測位すると全然違う場所を返すことがあります。たまにある質問と回答など複数の場所にしつこく書いてあるのですが、読まれていないのでしょうか。ドコモの端末を使われているようですが、相手もドコモでしょうか。でしたらドコモの基地局による測位を使って欲しいです。決して大きく外れた位置を返しません。

また、これは理解されないのであきらめてますが、WiFiの(GPSもですが)測位結果(=位置)を返しているのはGoogleです。アプリはその振る舞いに少しだけ関与していますが、大きく外れた位置を返すのはGoogleなんです。