2011年04月

更新間隔を3時間にしていた時の問題

謎の問題は、更新間隔を3時間にしていると起こることが分かりました。更新間隔を3時間にして使われていた方には不快な思いをさせてしまったかも知れません。ごめんなさい。

この問題はV1.03.0で修正しています。

 

謎が解けました

長らく僕を悩ませていた、理解できない、再現できない問題の謎が解けました。その問題についてのACRAのクラッシュレポートが増えてきた(蓄積されてきた)ので、それだけを抽出して眺めたところ、全部、更新間隔が3時間でした。で、その設定で再現させることができました。3時間だけAndroidの仕様で更新時刻が正確です。このことが潜在的にあったバグを引き起こしていました。これまで更新間隔は短い方が問題を起こしやすいからと思い、3時間の設定は常用していませんでした。この件では反省すべき事がいくつもあります。

この問題も、ACRAに救われました。ACRAを実装していて本当に良かったです。

 

謎の問題

国内のXPERIA ARCユーザーで、朝7:00に問題を起こしている方がいることが、ACRAのレポートで分かっているのですが、その問題がどうして起こるのかが分かっていません。どうしても理解できず、再現もできず、でも何度もその問題を起こしているので、起こす方法があると思うのですが、起こせません。で、その問題は露見しないように回避策を入れているのですが、その回避策が働くのがそもそもおかしいので、何とか解明したいのですができていません。

もう1つ、最初のバージョンの頃からある謎の問題で、これも僕の環境では起きないのですが、「もうこれで起きるはずはないだろう」というコードに変えました。この問題はもう再発して欲しくないです。

どちらもACRAなしでは(Android 2.2からのクラッシュレポートではきっと役に立たず)何もつかめなかったろうと思います。

LVLと機内モード

Android Marketで購入した有料アプリのライセンス管理で、Googleが標準で提供しているのがLVLですが、期待に反して、そしてドキュメントから読みとれる振る舞いと違って、機内モードで動かすと「ライセンスなし」になるようです。これ、有料版をリリースする前のテスト段階からそうだったのですが、正式にリリースしたら直るだろうと思っていました。が、どうやら違うようです。

こちらにその問題の指摘と回答があります。その回答をした人はGoogleに問題を報告していて、さらに、対策コードを公開してくれています。この実装は、「ライセンスあり」状態を無期限にキャッシュしますが、期限を設けなくてもこれで十分かな、と思いました。

1つ疑問なのは、LVLを使っている有料アプリはたくさんあると思うのに、そしてそれらは機内モードにしたらすぐに「ライセンスなし」になるのに(LVLがそのように応答します)、これを問題視している情報が少ないことです。それは僕の検索の仕方がヘタクソだからでしょうか。

正式版を公開しました

4月中を目標にしていたのですが、品質的に正式版にしても良さそうな気がしてきたので、正式版を公開しました。試用版は大丈夫だと思うのですが、有料版はライセンス管理部分に不安があります。このライセンス管理の機能、公開前はどうしても試せることに限りがあるためです。開発者用のアカウントだと本当の振る舞いが試せないのと、そのアカウントでは購入できないので、別のアカウントで試すしかないです。